Recent Posts
Guide
デザインガイド
20 Jan, 2014
はじめてのホームページ制作で決めておきたいポイント
g1

ホームページを作りたいけど何をどうしたらいいの?
御見積にあたり決めておきたいポイントを整理してみました。

決めておきたい8つのポイント

  1. サーバー・ドメイン
  2. 目的
  3. ターゲット
  4. 伝えたい情報(情報量)
  5. キービジュアル
  6. 御希望のデバイス
  7. SEO対策
  8. 更新

1.サーバー・ドメイン

ホームページ公開のためには、まずはサーバーとドメインが必要です。
現在サーバーは大手でも月500円程度…とってもお安くなっています。(例えばこんなホスティングサービス
ドメインもホスティング会社で取得しましょう。
サーバー・ドメインごとレンタル・管理するホームページ制作業者もありますが、オススメできません。
その業者と一生付き合っていくならいいですけど、変えたくなった時何も残らないのは危険です。
そしてサーバーのクオリティも大手の方が断然高性能でセキュリティもしっかりしています。
やはりホスティングサービスと制作業者は分けた方が良いでしょう。
そして、サーバー管理という名目で毎月高額な金額をとる業者も要注意!
サーバーは更新箇所が無い限りほっておいても大丈夫。
ホスティングサービス代の他1円もかかりません。
ホスティング会社やドメイン管理会社も時代に合わせて変更が可能です。
ホームページのリニューアル時にホスティング会社を変えてみたいお客様はご相談ください。
(ドメインは変わりませんので、見ている人はサーバーが変わった事さえ気がつきません)
弊社でお好きなホスティング会社にホームページをまるごと移管するお手伝いを致します。

 

2.目的

当たり前の事ですが、目的を持って制作に当たることが必要となりますので、ブランディングが目的なのか資料請求を増やしたいのか御希望を優先順位でお聞かせください。

3.ターゲット

一方的に情報を伝えるだけでなくより興味を持って閲覧していただく為にビジュアル面での工夫も必要と考えます。利用者は目的を持って訪れてくれますが、例えば女性をターゲットを絞り込む、更に女性の中でもどの年齢のどのクラスの層にどのように感じていただけるかを想定する事により直感に響く情報の伝え方、見せ方をご提案する事が可能となります。

4.伝えたい情報

伝えたい情報量がどの程度になるか?
優先的にどの情報を伝えたいか?
内容部分についてざっくりご呈示ください。
ライティングについては下記の中でどのようなご提案を御希望かお聞かせください。
●あらかじめいただいた原稿で制作する
●先にダミーコピーでデザインしたものに合わせてコピーを書いていただく(キャッチのみご提案)
●資料をいただいたり、取材させていただき、コピーも含めてご提案する(フルでご提案)

5.キービジュアル

キービジュルのご提案は必要でしょうか?
必要な場合は
●ご支給いただいた写真を中心に無料素材で構成する
●ご支給いただいた写真にイラストや有料素材を組み合わせる
●撮影をする
●オリジナルでイラストを書き起こす
等々いろいろ考えられますので、御希望のパターンで御見積致します。

6.SEO対策

SNSの広がりを重視したサイト作りを御希望されるお客さまが増えております。
ランディングページの有無、ブログやフェイスブックとの連動、ラインやツイッターの「いいね」ボタン等、御希望のSNSを取り込んで参りますのでご相談ください。
内部SEO対策についてはこちら

7.御希望のデバイス

基本的に携帯電話(ガラ携)以外全デバイスに対応したサイトを制作しておりますが、スマホ用の対応について御希望をお聞かせください。
スマートフォンの対応について

8.更新

リピーターを獲得する為には「更新」は欠かせません。
どこを中心に運営者が更新するのか、デザイン重視の部分と更新重視の部分を相談しながらWORDPRESS等のサイト管理システムの有無を決めて参ります。

また、ご自分で更新するのは面倒と言う方には保守更新(1万円/月)をご用意しています。

上記の点をしっかり抑えてご提案して参ります。

弊社が目指す理想のホームページ

(好感度)利用者に好感を持っていただくためにターゲットを外さない
(情 報)伝えたい情報を確実に伝える為に情報を整理致します。
(誘導線)購入やお問い合わせ・資料請求等目的までの誘導線がしっかり張られている
(操作性)迷わず快適にサクサク閲覧できる
(差別化)魅力的な切り口、イメージ、コピーのご提案
(広める)SNSを使用したSEO対策
(更 新)ワードプレスを使用した更新しやすいサイト管理システム

関連記事

PAGE TOP